最新のお客様の声

それぞれのメモリアル・ダイヤモンドには、それぞれの想いが込められています。ダイヤモンドを製作された方だけが知るその価値。お読みになっていただけると幸いです。
〈文章、写真に関してはすべてご依頼者の了解を得て掲載しています〉

盲導犬を引退した愛犬と再び

お客様の声 2016

いつ頃だったでしょうか、遺骨でダイヤモンドをという話をテレビで観ました。
その時は、そんなことをする人がいはるんやろうかと全く気になりませんでした。
ウィリーは盲導犬でした。2004年3月に生れ、1年間パピーウォーカーをしました。
本当にやんちゃで苦労しました。でも賢く成長し1年間協会で訓練。3~4割しかならない盲導犬となり8年間盲導犬としてお仕事。引退したらきっと帰ってくると待って待った9年間 2014年の7月にやっと帰って来ました。何もかも覚えていて走り廻って喜んだウィリー。人のために歩いて来たウィリー、それからは私がウィリーのために歩きました。
4年半少し…14さいを迎える頃には、やはり、ずいぶん老化してお散歩もゆっくり、あれだけあいそよくしっぽもふっていたのにふらなくなり…食欲もなく…歩けなくなって2ヶ月水だけで16日間生きてくれました。その頃のことは、あまり思い出したくありません。
お骨は全部拾ってきてあまりたくさんなので どうしたら…とその時にダイヤのことを思い出し、すぐに申し込みました。半年以上待ちましたが、きれいなブルーで本当に嬉しいです。
小さいリングにしてずっとつけているつもりです。

2020年2月 三上眞知子様 (滋賀県)

思い出が鮮やかによみがえる

お客様の声 2016

歴代の愛犬達の遺骨を手元に置いておりましたが、引越しや海外赴任等で離れる事も多く気になっていたところ、メモリアル・ダイヤモンドをペットでも作る事が出来るのを知り、子供の頃から共に成長し暮らして来た子達みんなを1つのダイヤモンドにして頂きました。とてもきれいで可愛らしいブルーの石となって帰って来てくれて、たくさんの思い出が鮮やかによみがえって来ました。これからは、旅行も引越しも一緒と思うとワクワクします。こんなに素敵な姿にして下さったセンペルフィデス社に感謝の気持ちで一杯です。
どうもありがとうございました。

2020年1月 印藤賀奈子様 (東京都)

ずっと一緒にいられる事に喜びを感じます

お客様の声 2016

ポップが亡くなってからしばらくは、仕事から帰ってもいないことに慣れず虚無感におそわれておりました。
お骨がある事で、いつもいたお気に入りの場所に移動したりして話しかけたりしていましたが、四十九日を過ぎたあたりから家族も少しずつこのままではいけないのではないか、 ポップも落ち着いて空へいけないのだろうかと考えるようになりました。
そんな時に知ったのが、“アルゴダンザジャパン“さんでした。
HPで紹介されている色々な方のエピソードやダイヤモンドにする工程を読んで、こちらにお願いしてみようかと家族と相談しました。
実は、主人の母も亡くなりお骨をどうしようかと悩んでいたと時期で、それをまっ先に決めたのは義父でした。義父の決断に背中を押されポップもこちらにお任せすることにしました。とても細やかにご連絡も下さるし輸送も細やかです。帰って来たポップとずっと一緒にいられる事に喜びを感じます。ありがとうございました。
2019年11月 N.H.様 (埼玉県)

スイスでベルと向き合った

お客様の声 2016

この写真はイメージです

この度は貴重な機会をいただき、ありがとうございます。
昨年9月に愛犬ベルを亡くし、失意のどん底にいた私は、遺骨でダイヤモンドを作成することにしました。スイスの本社まで、それを引き取りに行けるとうかがった時は本当に嬉しく絶望が一瞬で希望に変わりました。「希望」と言っても決して大きなものではなく、わずかな、わずかなものでしたが当時の私には救いでした。
今年9月にスイスに行きました。ダイヤモンドになったベルと向き合う時、自分がどんな心持ちになるのか、平常心でいられるのか不安もありましたが、クールでウィリー社長にお会いして話したいだけ話し、泣きたいだけ泣いて、不安は安堵と感謝に変わりました。
何度も「Respect」という言葉を聞いて、どんなに大切に、丁寧に作っていただいたのか、よく分かりました。会社を離れる時は「今度スイスに来ることがあったら、お茶を飲むだけでもいいから寄って下さい」と暖かい言葉をかけて頂き本当に有り難く感謝の気持ちで一杯です。ベルのダイヤは今リビングに飾っています。毎日「おはよう」や「ただいま」と声をかけられるのは嬉しいことです。これからも、キラキラ輝くベルと一緒に穏やかに過ごしていきます。 ありがとうございました。

2019年9月 Y.Y.様 (福岡県)


完成したダイヤをアルゴダンザ社の本社までお迎えに行かれた。センペル・フィデス本社はドイツにあるが、スイスで製造設備等も見学された。

愛犬と息子が一緒にきれいなダイヤモンドに

お客様の声 2016

遺骨がダイヤモンドになると言うことをテレビ番組で見て息子も興味がありました。 そんな中、息子が急に亡くなるとは思いもしませんでした。
愛犬と一緒にダイヤモンドにしてほしいとの遺言があり悲しみの中ホームページを見つけて、さっそく電話しました。自宅に訪問していただき 愛犬と一緒にダイヤモンドになるなど、大きさや色など色々相談にのっていただきありがとうございました。日本を旅立ちスイスに行き無事に帰って来た時は「おかえり!!おつかれ これでいつまでも一緒だね」と思いました。愛犬と息子が一緒にきれいな黄色のダイヤモンドになったんだネ みんなに見せて大切にしていきたいと思います。
本当にありがとございました。

2019年7月 H.M.様 (大阪府)


息子様を亡くされ、ご本人の遺言で故人のご遺骨とワンチャンのご遺骨と混合してメモリアル・ダイヤモンドを製作しました。お人とペットちゃんのご遺骨の取り扱いを分離している関係でペットちゃんの遺骨との混合はセンペル・フィデスでお引き受けしています。

(お写真だけのご紹介)

お客様の声 2016

2018年8月 H.S.様(福岡県)

もう待たせることはない

お客様の声 2016

ペットを飼っている方なら「ペットはただの動物よりも大きな存在である」という私の考えに賛成していただけると思います。ペットたちは私たちの友であり、家族であり、連れ合いです。ペットとの関係が深まると、その絆の強さは、ほかの人が想像し難い程のものである事も多いのではないでしょうか。
私にとっても同じです。私のペットは私と一緒に育ち、私の最初の恋を一緒に経験し、学校を卒業し、私の喜びや悲しみをともにしてきました。しかしそれと同時に、私のペットは、私が彼女のために使える時間以上の時間を私を待つことに費やしていましたし、いろいろな事情でずっと一緒に連れて暮らすことはできませんでした。
彼女の遺骨でダイヤモンドを作るというアイディアは彼女ががんであることを知った時に思いつきました。センペル・フィデスの皆さんにお礼を申し上げたいと思います。すべての工程は管理、記録されていましたし、ダイヤモンドは想像をはるかに超えて美しいです。これで彼女をどこへでも連れていくことができます。
2018年3月 J.C.C.様 (東京都)


(ワンチャンのご遺骨で製作。お客様は日本在住の海外の方。英文のお手紙を拙訳いたしました。)

永遠の輝きにかえて

お客様の声 2016

ネコちゃんのご遺骨と毛を使って製作した

愛するペットを永遠の輝きにかえて、自分の余った時間をまた一緒に過ごしていこうと思います。
2017年9月 K.S.様 (熊本県)

飽きずにずっと眺めています

お客様の声 2016

半年ほどの海外旅行を経て、愛犬がダイヤモンドになって自宅に戻ってきました。お見せいただいた見本やカタログの感じから、色味は薄い個体が多いのかと思っていましたが、うちの子の場合は濃く鮮やかなビビッドカラーで感動しました。光の入り具合、また見る角度によって微妙に色を変えキラキラ輝くので飽きずにずっと眺めています。 お預けするときから、自宅に帰って来るまで、全ての対応、梱包やメッセージがとても丁寧で手が込んでおり、みなさまが大切に気持ちを込めて対応してくださったのだなと、嬉しく思っています。
類似のサービスは他にもありますが、ただダイヤを作るというだけではなく、大切な者を亡くし落ち込んでいる私たちに対する対応の温かさ、少しの不安も解消してくださろうとする誠実なお心遣いに、私たちはセンペル・フィデスさんにお願いさせていただいて、本当に良かったと思っています。 この度は本当にありがとうございました。 ペット好きの友人にもぜひ紹介させていただきます。
2017年4月 K.A.様 (神奈川県)

お客様の声 2016

かなり濃いブルーに仕上がった

2015年11月 A.N.様 (宮城県)

大切にします。

お客様の声 2016

姉妹で2つのダイヤを製作された。ご遺骨は同じだが、混用した炭素の由来が違うので違う色味での完成に。

とてもきれいに輝くダイヤモンドに仕上がっていて嬉しかったです。大切にさせて頂きます。 ありがとうございます。
2015年9月 S.H.様 (東京都)

愛犬が私の体の一部になったよう

お客様の声 2016

待ちに待ったジミーのダイヤが届きました。原石なので、もっとゴツゴツしている石かと思いましたら、意外ときれいにカットされているのでびっくりしました。ジミーの体の一部が小さなダイヤになって帰ってきた事に本当に感激で胸がいっぱいになりました。(お骨と)毛の量が少なくて小さなダイヤしか作れませんでしたが、他のリングと組み合わせて毎日指にはめています。これからもいつもジミーと一緒で、私の体の一部になったようで、とても心が安らぎます。本当にダイヤを作ってよかったと思います。
有難うございました。
2015年3月 宮﨑とも子様 (東京都)

また、たくさんいろんな所に行こうね

お客様の声 2016

17才2か月、ほとんど愛娘のように、家族の一員でいつも一緒だった愛犬が、生前と同じきれいで素敵になって帰ってきました。これからもずっと一緒だよね。また、たくさんいろんな所に行こうね。
スタッフの方には、ご親切に、些細な事にも相談に乗ってくださり、心よりお礼申し上げます。どうもありがとうございました。
どのようなカラーになるのかドキドキでしたが、ホンとすてきなかわいいblue-whiteでうれしいです。
2014年9月 K.W.様 (大阪府)